えほん

該当する記事は見つかりませんでした。
ichiran16.png カテゴリで記事を検索
 --.--.--. 

スポンサーサイト

edit-notes24.gif
最近「くつが鳴る」の文章を書かれた手嶋ひろ美さんとツイッター友達になったので、本の宣伝をしようとおもったら、本が手元に無くて、ぼんやりと原画をアップ。手嶋さんはNHKの「キラッとひかる」という番組に出演されていたけれど、まさにキラッと光っているひと。とてもパワフルで見習いたいなあといつも思う。今だったらもっと素敵な絵をつけてあげられたのになぁとこのころの自分の絵のつたなさを反省する。ここんとこ、人に...
 2015.03.06. 

「くつが鳴る」文、手嶋ひろ美さん

edit-notes24.gif
わけありリンゴのアップルパイの宣伝その2。作者のかたが頑張って宣伝されているようなので、ちょっとわたしも頑張ってみようかなと、ひさびさの顔出しでございます。顔出したところで売れるっていうわけじゃないけど。余計売れなくなったら困るけど。。あー、高橋大輔がコマーシャルでかっこよくスケーティングのポーズとったりしてるけど、どうしてもダメおやじの漫画が浮かんで、ぬぐいされない〜〜。どうしよう、みほちゃんど...
 2013.09.30. 

わけありりんごのアップルパイ

edit-notes24.gif
ちょっとオリジナルのお話を考えたので、1ページ目だけアップ。絵本の試作では、初めてパソコンでかきました。う〜〜ん、手描きよりパソコンのほうがいいかもしれないな。。。。。。修正きくし。。。最近、いろんなものが壊れています。プリンターやら、アムも死んでしまったし。壊れだすとどんどん壊れるのはしょうがないことかな。アムの死は別として。古い洋服を捨てると運気がアップするそうですよ。断捨離じゃ!古い人間関係...
 2013.09.16. 

試作

edit-notes24.gif
「かいじゅうたちのいるところ」を、引っ張り出して見ている。やっぱり、心の中で雄叫びをあげて太鼓をたたきながらリズムを刻んでしまう。ところが、私の姪は、この本がトラウマになっているそうだ。怪獣がこわすぎて。子供にとっては、こんなキュートな怪獣でも恐ろしく見えたりするんだな~。怖さをどの程度で止めとくか、妥協点が難しい。でも、私も、「ゲゲゲの鬼太郎」とか楳図かずおの漫画とかめちゃめちゃ怖くて、トラウマ...
 2011.10.16. 

トラウマ

edit-notes24.gif
「何も考えない日」という仮のタイトルで絵本のお話を考えていて、起承転結の結まで書いていたのに、何も考えない日が続くうちに、案を書いていた紙がどっかいっちゃった。思い出せない。。。思い出せないということは、たいしたこと書いてなかったんだな。練りなおそ。。。...
 2011.04.22. 

絵本3

edit-notes24.gif
寝る前の絵本の読み聞かせは、娘がものごころつく前からしているが、けっこう難しい本の読み聞かせも、小学校低学年からしていた。ハリーポッターシリーズ、灰谷健次郎の天の瞳、兎の目その他、志賀直哉。星の王子様など。登場人物の声色をかえたり、難しい言葉はそのつど説明しながら、飽きさせないように。眠くなるどころか、目をらんらんと輝かせて聴いているもんだった。今思うと、けっこう教育熱心だったな。今、娘は、論文を...
 2011.02.06. 

絵本2

edit-notes24.gif
えほんのアイディアがひとつ浮かんだ。ちょっとまじめっぽいお話。まだないしょだけど、詰めるまで時間かかりそう。ニッサン絵本のグランプリで受賞したときは、5回ほど推敲した。絵も書き直した。何度かきなおしても納得はいかないけど、あのときは、あれで精いっぱいだったな。もうあれ以上のお話はかけないんじゃないかな。頭がギャグマンガ思考だから、まじめなお話は私にはむかないかもしれないけど、かいてみよう。かかない...
 2011.01.10. 

えほん

edit-notes24.gif
クリスマスの雰囲気ゼロ。年賀状もやっと書いて出してきた。子供が小さい頃は、クリスマスプレゼントを買うのが楽しみだった。本当にサンタさんの存在を信じていた頃、だましているような罪悪感もすこしあったけれど、本当に驚いてサンタさんに感謝しているあの顔を見るのが好きだったから。スノーマンのアニメも大好きだったな。楽しくて寂しいスノーマン。もう大学生だから、クリスマスは外で、って感じ。今、母である私は、子供...
 2010.12.24. 

スノーマン

edit-notes24.gif
 2010.11.21. 

絵本

edit-notes24.gif
最近、絵本がかきたくて、お話を考えようとしているのだがまったくアイディアがうかばない。子供の出生率が少なくなってきてるし、絵本買う人っているのかなぁといつも思ってしまってモチベーションがさがってしまうのだけれど、子供がいれば、やっぱり絵本だよね。うちの娘が3歳くらいのころは、「かいじゅうたちのいるところ」が大好きだった。あの、文章が書かれていないページを開きながら、何度かいじゅうのまねをして雄叫び...

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。