更新月別の画像が一覧表示されます2011年06月 更新記事

該当する記事は見つかりませんでした。
更新月別の記事が一覧表示されます 更新月/日で記事を検索
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 --.--.--. 

スポンサーサイト

edit-notes24.gif
痴漢、その後。飲み会を一人で抜け出し、いつものジャズ喫茶でコーヒーを一杯飲んだあと、もう人通りもわずかな道を暗い街灯に添って歩いていた時だった。見回りの警官の自転車がすぐ横に止まり、「夜道の一人歩きは危険なので、僕が守って行きますから。後ろから見守っていきますから。」と言われ、痴漢よりも驚いた。(見守るって、、、、守護霊かっ。。。)一応お断りしたが、見守ってくださるというので、職務をまっとうしてい...
 2011.06.28. 

続 ちかん

edit-notes24.gif
古典のなかに、クレーとモネ。今日はモネの「日傘をさす女」のストラップを買ったよ。ワシントン ナショナル ギャラリー展。どれも好きだったけど、ドガの、障害物競争で、落馬してる人を描いた絵がけっこう好きだった。何故これを描いたんだろう。まるで途中で描くのをやめたかのように。この大画面で。ドガは、美しい場面を描こうとせず、写真の役割をこの絵にたくそうとしたのかな。でも緻密にかいたら、キリストが死んでる宗...
 2011.06.25. 

ワシントン ナショナル ギャラリー!!

edit-notes24.gif
私は、以前このブログに書いた、陽気な石を捨てた公園の脇に住んでいた。閑静な住宅街で人通りも少ないため、一度痴漢にあったことがある。大声を出したら、かろうじて逃げてくれた。その昔住んでいたところは、女子しか住んでいないアパートで、共同風呂に共同トイレだった。夜中トイレに入ったら、すりガラスの窓にベッタリとくっついた男の顔があった。これは捕まえなきゃと体が勝手に反応し、夜中にも関わらず、トイレのドアを...
 2011.06.23. 

ちかん

edit-notes24.gif
昨日、上野に行ったついでに、国立博物館で写楽やってたかな、見ていこうかなと思ったけど、スマホを使いこなさなければと思いすぐ帰ることにした。写楽と言えば、スター座のもぎりの大叔父も、よく、浮世絵風の美人画を描いて自分の部屋に飾っていた。年のせいか、筆でかいた線の勢いは、いまひとつ無かったが、本人はとても絵をかくのが好きだった。 そういうところは、私も大叔父の血を継ぐ者なのかなあと思う。以前、このブロ...
 2011.06.20. 

リスク

edit-notes24.gif
昨日、上野のヨドバシで、閉店間際に行って、Eモバイルのスマートフォンに変えた。ほとんど閉店だったせいか、ろくな説明もしてもらえないまま買ってきたけど、やっぱり説明は必要だった。おそらくバイトだろうと思われる店員は、わからないことはショップでやってもらえますからと言っていたので、今日、上野のイーモバイルショップに行ってきた。ショップの店員さんは、破損させたりする恐れがあるのでお客さんの携帯を直接操作...
 2011.06.19. 

スマホ

edit-notes24.gif
この間、友達と会った西洋美術館と言えば、上野。昔、上野の不忍池のすぐ脇にゲイ専門の映画館があった。そこの受付で、私の大叔父夫婦が働いていた。大叔父は、会社を立ち上げてはつぶし、立ち上げてはつぶし、とんかつ屋をやってはつぶし、行き着いたところがゲイ映画館のもぎりだった。よく遊びに行っていたが、行くたびに「ホモしかやってないけど、裏からでも見て行きな。」と言われ、映写室からぼーっと見たりしていた。だが...
 2011.06.16. 

スター座

edit-notes24.gif
この前のブログに書いた、陽気な石を捨てた公園は、西永福の駅から割とすぐの場所にあった広い公園で、天気の良い日の日向ぼっこはとても心地よいものだった。ある日、大人げなく、ベンチに座って一人でシャボン玉を飛ばして遊んでいた。ひとしきり飛ばし終わったあと、ぼんやり座っていたら、隣のベンチにずっと座っていた白髪のおばあさんが突然話しかけてきた。「私はもう帰るから、あなたも早く帰りなさい。」確かに、広い公園...
 2011.06.14. 

中学生

edit-notes24.gif
この間、西洋美術館で会った仲のいい友達は横浜に住んでいて、二子玉川で乗り換えだった。二子玉川といえば、河原で石を拾った時の話。グラフィックデザイナーの意向で、石に顔の絵を描いたものを撮影することになった。まず、石を拾うことから始めなければならず、丸い石なら二子玉川がいいということで、河原に降りて10個くらい石を拾って帰った。そのすぐ後、河原の石には霊がとりついていることが多いから拾ってきちゃダメだ...
 2011.06.12. 

edit-notes24.gif
スキーに誘われたけど、行きたくなかった時の話。メンバーは、昨日電話した仲のいい友達のYちゃんと、先生と、なかなか仲良くなれなかった同期の子。Yちゃんもあまり行きたそうではなかった。前の日、いつもこのブログに出てくる友達と呑みに行き、「明日行きたくないけど、Yちゃんの為にも行かなきゃいけないけど、行きたくない。」と、終始言い続けて日本酒をのみつづけた。そのとき食べたのが、ホヤだった。「なんだ、このゴミ...
 2011.06.10. 

仲間2

edit-notes24.gif
このブログによく出てくる仲のいいグラフィックデザイナーの友達から、「レンブラント見に来てるんだけど、来る?」と、メールが来たので速攻上野に向かった。西洋美術館まで、速ければ15分。やっぱ、友達はいいね。美術館内のカフェでお茶したんだけど、いくら時間があっても足りないくらいの楽しさだった。二人で、しばらく会っていない仲のいい友達に電話もした。友達って、別々の場所で暮らしてて、会えなくても、それぞれの...
 2011.06.09. 

仲間

edit-notes24.gif
この間、私の名前が紫色だといったが、紫診断という言葉を思い出した。画用紙を体の部位と同じに分割して、紫を使っている場所が、病んでいる箇所だと診断することだ。昔、先生が、カルチャーククールの生徒さんの痛めた右ひざを言い当てて、得意になっていたことがあった。紫って、オーラの色だと、人を癒す穏やかな色のはずなんだけど、紫診断では、病んでる色じゃん。紫、、、、 癒しが必要な病んでるほうなの?それとも癒すほ...
 2011.06.06. 

紫の君

edit-notes24.gif
古典の中に、クレーが一つ。美術館に行くと、キーホルダーとか栞とか、何かきれいなものを買って手帳にぶらさげとくんだけど、今日はクレーのキーホルダーを買ったよ。国立近代美術館。いつも古典しか見にいかないんだけど、今日はパウル・クレーを見てきた。技術の古典から、感性の近代へと、私の思考と嗜好が移動しつつある。入ってすぐの場所にあった、7センチ×10センチほどの小さなスケッチブックが欲しくて欲しくてたまら...
 2011.06.04. 

パウル・クレー!

edit-notes24.gif

MENU anime_down3.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。