打ち合わせ

打ち合わせ




イラストを手描きでかいていたころは納品の為に出かけていくというのが通常だったけれど、パソコンで描くようになって、納品どころか打ち合わせまでメールでするようになって、人とお会いすることがほとんどと言っていいほど無くなった。ともすれば1日中外に出ない日も多々ある。ささやかな楽しみが近所のスーパーに買い物に行くことだったり、お日様の光をあびることだったりする。
ものすごく久しぶりに、打ち合わせすることになったのでなんかワクワクしている。もちろんハードなお仕事が待ち受けているのだけれど、それはとてもありがたいことだし楽しみでもある。帰りは西洋美術館にでも寄ってこようかなとか、余計なことまで思い巡らす。お仕事内容聞いたらそれどとこじゃなくなるかもしれないけど。


関連記事
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  • nbsp;…この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは まれこさん
パソコンでなんでもこと足りる便利な世の中になっていますね。
そんな中で 小さな楽しみをいっぱい見つけるのは
やっぱり楽しくて嬉しいですね。
近くに住んでいらしたら おやつ作って
まっれっこさぁぁーーーんヽ(^o^)丿って
ぴくにっくにお誘いに行くのになーーー

あら ぴくにっくって言葉は 今 あまり使わないかしらね。
はいきんぐ? あれ? んふふーー

Re: NoTitle

イヴままさ〜ん、ありがとうございます!!

パソコンでね、なんでもできるからね、この前風邪で熱出したとき、
パジャマのままでお仕事ができるっていうのは
幸せなことだな〜、とか思いながらやってた。熱を出すなんて久しぶりだったから
「まだ熱を出すだけのパワーがわたしにもあるんだ、若いじゃん!」とか思いながら寝てた。

イヴままさんのおやつだったら、どこでもついていくのにな〜〜。ハイキングゥ〜
そういえば江戸はるみさん、テレビに出なくなったね。

NoTitle

良いね! 大きなお仕事素敵!
楽しんで頑張って♪

Re: NoTitle

babaちゃまありがと〜〜〜!

今日 打ち合わせ行ってきて、久しぶりに人にお会いしたよ〜。
お仕事なのにすごく楽しくて、無駄話して長居してしまった。
たまには人に会わなきゃだめだね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: NoTitle

かぎこめさん、まんが読んだ読んだ。
あるある、確かにあるあるネタなんだろうけど、経験した人にしかわからないあるあるだね。
淡々と、でも確実に胸にささってくる。
わたしはずーーーーっとはなれてるから、もしかしたらその時が来ても
泣かないかもしれないな、、なんて思ったりもするわけで、なぜかというと祖母のときは、あまり仲良しじゃなかったから涙の一粒もでてこなかった。だから、そんなふうに思えるかぎこめさんは逆に幸せなんじゃないかと思ったりもするわけで。
ピース写真ね、もう、感情無くなっっちゃってたから愛想笑いのひとつもして撮ればよかったと今思う。
あまり自分の顔を晒すことに感情と共に抵抗感もなっくなってきた。笑
打ち合わせは昨日行ってきたんだけど、お仕事と関係ないことたくさん話したり聞いたりして、すごく収穫があったから楽しかった。個人でやってるデザイナーさんとかイラストレーターとか、孤独な戦いだなぁとか思ってたけど、映像編集する人は音も漏れない地下のくらーーい部屋で黙々と朝から夜中まで編集してるから、ひょろひょろした人が多いとか、それ聞いたら、わたしなんかましなほうなんだなぁと我が身のささやかな幸せを噛み締めたりしたわけで。
泣かないでね。

NoTitle

まれこさん☆

いつも訪問して頂いて、有難うござぃます!
お仕事、頑張ってください♡₍₍ ◝(・ω・)◟ ⁾⁾♡
なかなか訪問できなくてすみませぬ・・・・汗

Re: NoTitle

慧喜さん、コメントありがとうございます!

あれだけ実験的だったりこまかく調べたり、内容の深い記事を書くのは大変な事だと思って見させていただきましたよ。慧喜さんくらいきちんと描けるのであれば、あとはオリジナリティーを追求していくのみって感じですよね!もっともそのオリジナリティーを生み出すことをみなさん死に物狂いでやってることなんでしょうけど、生んでしまったらあとは楽しさが全てを凌駕するってかんじでしょうか。わたしも(自分のオリジナリティーって、いったいなんだろう?)となやむことが多々ありますけど。
などと、かっこよさげなことをほざいたりしてますが、慧喜さんの拍手ボタンをおすのが結構たのしみだったりしてたので。つぎはどこが出てるかな?とか、マルボーズいわく、かいらしいお顔をみたくてなんですけどね。わたしとか、何の感情も無く顔さらしてるので。

NoTitle

まれこさん☆

返信有難うございました(๑˃̵ᴗ˂̵)و
ずっと訪問できなくてごめんなさい。
何か、読ませてもらって元気出ました笑
再び、こちらの記事に返信を・・・^^;

そうなんですっ!<オリジナリティを追求していくのみ
分かってくださる方がいて心強いです(≧ω≦)
やはり、見つけていくのは大変なことなのですねーー;
何か思いついて、それを表現したくて紙などを前にしたら
塵のように消えてってしまうことがよくあります笑
思い描いてることを形にするの一番難しいです・・・

拍手押して頂いて、有難うございます!
マルボーズ笑
マルボーズさん、ブログをよく盛り上げてくださるので感謝してます^^;
<何の感情も無く顔さらしてる
まれこさんは、べっぴんさんですわ~(≧▽≦)

Re: NoTitle

慧喜さん、ありがとうございます!
わたしの気晴らしで文章が長くなるかもです。
たとえば、人物デッサンの講義で、出来上がったそれぞれの作品を見ると、デッサンがしっかりしてる人もいれば
あまり上手くない人もいる。ずらっと並んだ作品はみなそれぞれ違う。デッサンが下手な人がダメなのかというと
決してそういうことではなく、それがその人の個性ということになって、作品をつくる上で強みになったりするわけです。
ルソーなんかは、もともとデッサンが不得意だからあんな個性的な絵を描くことができたわけです。
慧喜さんなんかは、デッサンが得意だということが強みであるわけだから、そこからさらに一段づつリアルさを上げていって、超スーパーリアルで産毛の一本一本描き込む、などというやり方もあるだろうし、他のエレメントを加えて、独自の世界を描くこともできるわけです。それはトリミングであったり、何を描くかであったり、同じエレメントでもタッチのオリジナル性を追求したりとか、いろいろですよね。やはり一番参考になるのは、人の作品を(いい作品)の実物を見ることが一番刺激になりますよね。
あとは、画集。真似をしたりするのもいいことだと思います。そのままパクったら犯罪だからだめですけどね。お気に入りの画集を買うことはおすすめですね。
古典の実物は圧倒されますよ。技術屋さんが多いから。わたしが一番好きなのはやはり、古典の大御所の作品です。絵の具ののせ方のパワフルさが半端ないし、微妙なデフォルメの仕方とかもリアルな絵を描きたい人には参考になったりする。
オリジナリティーは、ほんとに難しい。尊敬する先生は昔は抽象画を描いていたけど、写実の、形を重視したものに変わり、今はまた写実から離れてるけど、その構成などを生かした上での抽象画になってます。オリジナリティーの変遷は、苦しくもあり楽しくもありといったところでしょうかね。前の方がよかったのに、、と思ったりすることもあるわけで。

NoTitle

まれこさん☆

こちらの方にもコメント&返信を有難うございました!
まれこさんの文章には、確信みたいなものが感じられて
ふむふむ・・・と頷きながら読ませて頂きましたよ~!
私も伝えたいことがあると長くなってしまいます。この返信もそうなるかも・・・汗

<それがその人の個性ということになって、作品をつくる上で強みになったりするわけです。
<そうですよね・・・分かります。技術的にはそこまで上手じゃなくても味わいがあったりとか
その人らしさが出てる絵を見ることあって、私はそういうのがとても羨ましいのです。
逆に言えば、私が今描いてるものって個性がないな・・・と思ってしまうわけですーー;
かといって、スーパーリアリズムというわけでも全くないし笑
何か非常に中途半端なものを自分で感じてます><
中途半端だと思うゆえに、どの方向に進めばいいのか分からないみたいな・・・
でも、まれこさんの仰るとおり、更に練習を重ねていって、
一段ずつリアルさを上げていくというのも一つの道すじですよね><

今、ちょっと忙しくてすぐにということではないのですが、
状況が落ち着いたらすぐにデッサン教室に通う予定ではいます。
デッサンを勉強したことがないので、いちからしっかりとやってみたいのですね・・・
気持ちの上でもしっかりとした土台が欲しい、みたいな。
多分、気持ちの問題が一番大きいのです・・・<今の自分と絵

いい作品の実物を見ることは確かにいいですよね!
自分の中の基準値がガ~ンと上がる感じ・・・笑
有元利夫さんの絵を観にいったときには、特にそう思いました><

画集、オススメなんですね・・・あと、好きな絵を真似してみるのも。
あまり、これまで二つとも意識してこなかったんですけど、
自分がこれまでやってきてないことを取り入れていくというのも、今の私には必要かも・・・

古典の実物というのは、たとえば19世紀のヨーロッパの絵画みたいな・・・??

<オリジナリティーの変遷は、苦しくもあり楽しくもあり
<そうですね・・・すでに築き上げてるスタイルみたいなものを変えていくのって
何か・・・冒険ですよね。
私も色々とやってみて蓄積されていった中から何か生まれるのかな~?
などど漠然と思ってるんですけど、できるだけピンポイントに、やることを絞っていった方が
効率はいいのかな~と思ったり・・・迷走してます汗。

・・・とめちゃ長くなってしまいました笑
ダラダラ連ねていって、すみませぬ~--;


  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif